サンフランシスコ平和条約

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアサンフランシスコ平和条約の記事があります。

サンフランシスコ平和条約とは、第二次世界大戦後の平和条約で、日本国と連合国各国の平和条約である。この条約の発効により、連合国による占領は終わり、日本国は主権を回復した。1951年9月8日調印、1952年4月28日発効。

第三次吉田茂内閣は、単独講和に踏み切った。1951年9月8日、アメリカ合衆国のサンフランシスコで講和会議が開かれ、日本国と48ヶ国によってサンフランシスコ平和条約に調印された。

関連国家[編集]

講和会議に招かれたが出席しなかった国[編集]

[インド]・[ビルマ](現在[ミャンマー])・[ユーゴスラビア](当時)

出席したが調印しなかった国[編集]

ソビエト連邦(当時)・ポーランドチェコスロバキア(当時)

招待されなかった国[編集]

中華民国中華人民共和国

その後[編集]

国交は回復されたが沖縄・奄美諸島・小笠原諸島はアメリカの施政権下に置かれた。


関連項目[編集]