ドイツ語 初級第14課

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

<<ドイツ語 初級

<第13課

Wir besuchten Wien vor sechs Jahren.
Der Vortragende erklärte diesen Begriff den Zuhörern. 
Goethe war ein deutscher Dichter.
Meine Großeltern hatten eine Wohnung im Zentrum der Stadt.


Wir besuchten Wien vor sechs Jahren.

私たちは6年前にウィーンを訪れました。

Der Vortragende erklärte diesen Begriff den Zuhörern.

講演者は聴衆にその概念を説明しました。

Goethe war ein deutscher Dichter.

ゲーテはドイツの詩人でした。

Meine Großeltern hatten eine Wohnung im Zentrum der Stadt.

私の祖父母は街の中心に住居を持っていました。
beginnen 始める
der Begriff 概念
der Berg 山
die Burg 城
der Dichter 詩人
fliehen 逃げる
Markt 市場
schlafen 寝る
die Wohnung アパート、マンション
das Zentrum 街の中心
der Zuhörer 聴衆

動詞の基本的変化[編集]

動詞には弱変化動詞・強変化動詞・混合変化動詞の3種類がある。これらは現在形と過去形を比較することで見分けることができる。

弱変化動詞

不定形  過去形単数1人称   過去分詞   
lieben - liebte      - geliebt

強変化動詞 幹母音が変化

不定形  過去形単数1人称   過去分詞   
gehen  - ging             - gegangen

混合変化、幹母音が変化、語尾は弱変化語尾と共通

不定形  過去形単数1人称   過去分詞   
nennen - nannte          -  genannt


弱変化動詞[編集]

不定形  過去形単数1人称   過去分詞   
lieben - liebte      - geliebt

弱変化動詞では、動詞の幹母音は変化しない。過去形は不定形の語幹に過去の語尾 -te および過去の人称語尾を、過去分詞は、語幹の語頭に ge- を、語尾に -t を加えて形成する。


強変化動詞[編集]

強変化動詞は、幹母音が不定形と過去形では変化し、過去形単数1人称および単数3人称で活用語尾をもたない動詞である。  

不定形  過去形単数1人称   過去分詞   
gehen  - ging             - gegangen 

強変化動詞の不定形と過去形の幹母音はつねに異なる。 過去形は過去形の語幹に人称語尾を加えて形成する。

強変化動詞の過去分詞は、語幹の語頭に ge- を、語尾に -en を加えて形成する。過去分詞の幹母音は、他の語形と共通の場合もあり、異なることもある。

例:

geben - gab - gegeben
essen - aß - gegessen
fliehen - floh - geflohen
nehmen - nahm - genommen
sprechen - sprach - gesprochen
schlafen - schlief - geschlafen
schließen - schloss - geschlossen
treffen - traf - getroffen
werden - wurde - geworden


混合変化動詞[編集]

混合変化動詞は

  • 強変化動詞とおなじく、不定形と過去形では動詞の幹母音が変化する。
  • 弱変化動詞とおなじく、過去形と過去分詞の幹母音がつねに一致する。
  • 過去形と過去分詞で、弱変化動詞と同じ語尾変化をする。
不定形  過去形単数1人称   過去分詞   
kennen - kannte          -  gekannt

混合変化では、幹母音が変化する。 ただし弱変化と同じく、過去形はすべての人称で活用語尾をもつ。

kennen -> kannte nennen -> nannte

混合変化の過去分詞は、過去形の語幹に、語頭に ge- を、語尾に -t を加えて形成する。過去形の幹母音と過去分詞の幹母音は共通である。

動詞:過去形[編集]

過去形はドイツ語の時制のひとつである。過去の一回的な・完結した動作を表現する。

過去分詞は完了時制に用いるほか、受動態に用いる。形容詞的にも用いる。

不定形、過去形*、過去分詞は組にして覚える(「#文法:動詞の基本的変化」を参照のこと)。

*正確には、単数1人称過去形。

すべての動詞の変化形は、この3つの形のどれかから作ることができる。

以下、動詞の過去形の人称および数ごとの語尾を示す。

語尾

  sg       pl
1 wohnte   wohnten
2 wohntest wohntet
3 wohnte   wohnten
  sg             pl
1 liebte   liebten
2 liebtest liebtet
3 liebte   liebten

語幹の最後の音が d, t, などのときは語尾の前に e 音が入る。

  sg                pl
1 heiratete   heirateten
2 heiratetest heiratetet
3 heiratete   heirateten
Er liebte sie und sie heirateten.
Viele Komponisten wohnten damals in Wien.
Sie studierte erst Medizin.

強変化動詞 語尾

 gehen
  sg       pl
1 ging   gingen
2 gingst gingt
3 ging   gingen


強変化動詞は、数は少ないが重要な動詞である。ひとつひとつ覚える。

Dieser Student ging jeden Tag ins Kino.
Wir trafen deine Mutter auf dem Markt.
Die Eltern gaben dem Kind ein Spielzeug zum Geburtstag.    
Eine Burg stand auf dem Berg.

特別な変化をする動詞[編集]

war - sein の過去形 sein - war - geworden <Tafel>

hatte - haben の過去形 haben - hatte - gehabt <Tafel>

話法の助動詞 過去分詞が前つづりをもたない

前つづりのある動詞の過去形と過去分詞形[編集]

分離動詞の前つづりは、文末または節の最後におかれる(枠構造)。非分離の前つづりはそのまま分離しない。

前つづりのある動詞では、過去分詞を示す前つづり、ge- は使われない。

beginnen - begann - begonnen
entscheiden - entschied - entschieden
geschehen - geschah - geschehen 

分離動詞の前つづりは後ろに来る。前つづりは変化しない。  Ich schlage vor, ... -> Ich schlug vor, ...

 Er steht auf.    -> Er stand auf.


第15課>