フランス語/文法/形容詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

形容詞は、名詞や代名詞を修飾するための品詞です。つまり、「美しい」「華やかな」「白い」「大切な」「天使のような」などです。
形容詞は名詞を形容するもの、後に出てくる副詞は動詞を形容するもの、と覚えてください。
「フランス人は形容詞が好き」と言われますが、フランス語には驚くほど豊富な形容詞があります。どこで使うのかわからないような詳らかな形容詞もあり、辞書を眺めているだけでも面白いですよ。

位置[編集]

名詞に付いて形容する場合は、英語と異なり、形容詞は普通、名詞の後ろに置かれます。
以下の例では、太字部分が形容詞です。

  • la fille mignonne (かわいい 少女)
  • une pomme douce (甘い リンゴ)


ただし、使用頻度の高いいくつかの形容詞には、原則として名詞の前に置くものがあります。

  • la jolie fleur (きれいな 花)
  • le petit chat (小さい 猫)
  • その他、 grand(大きい)、beau(美しい)、bon(良い)、mauvais(悪い) など。


また、位置によって意味が変わる組み合わせもあります。

  • homme grand (背の高い男)
  • grand homme (偉人)


性と数[編集]

修飾する名詞の性・数に合わせて、形容詞はその形を変化させます。 普通、男性単数形が基本となり、それに e を付けることで女性形に、 s を付けることで複数形に変化させることができます。

きれいな 単数 複数
男性 joli jolis
女性 jolie jolies


小さい 単数 複数
男性 petit petits
女性 petite petites


ただし、男性単数形が -e で終わるものは、そのままの形で女性形になります。
また、子音を重ねて女性形とするなど、特殊な変化をする形容詞もあります。

若い 単数 複数
男性 jeune jeunes
女性 jeune jeunes


良い 単数 複数
男性 bon bons
女性 bonne bonnes


男性第2形[編集]

一部の形容詞は、男性第2形と呼ばれる、もうひとつの男性形を持っています。

美しい 単数 複数
男性 beau beaux
男性第2形 bel
女性 belle belles


新しい 単数 複数
男性 nouveau nouveaux
男性第2形 nouvel
女性 nouvelle nouvelles


この第2形は、形容する名詞が母音または無音の h で始まる場合に使われます。つまり、母音字が続いて読みにくくなるのを防ぐためにあるのです。
表の通り、男性第2形は単数形です。名詞が複数なら普通の形容詞複数形を使いましょう。ちなみに、女性第2形というのは存在しません。

  • un beau oiseau → un bel oiseau (美しい鳥)
  • un nouveau arbre → un nouvel arbre (新しい木)