国際基督教大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索
Crystal Clear action lock3.png
半保護:このページ「国際基督教大対策」は、荒らしを理由として新規ログインユーザーおよび未登録ユーザーによる編集が一時的に停止されています。ノートで合意を形成した後、半保護の解除を依頼してください。
Wikipedia
ウィキペディア国際基督教大学の記事があります。

本項は、国際基督教大学の入学試験対策に関する事項である。

国際基督教大学(ICU)は東京都三鷹市にある日本で唯一のアメリカ式リベラルアーツ・カレッジである。学部は「教養学部アーツ・サイエンス学科」のみとなっており、専門分野の垣根はなく、興味・関心に合わせて学ぶことが出来る。

入学試験は単純な学力というよりも、個人の知力とセンスそのものが問われる。他大学と形式を異にする「リベラルアーツ学習適性」、リスニング比率が半分を占める「英語」、「人文科学」、「社会科学」または「自然科学」の4つの全く異なる分野をまとめた総合問題を解くことになる。入試問題の形態に学習指導要領の科目分類を用いていないため、日本国内の一般的な大学入試内容との単純比較がしづらい。

入試概要

ICUが会場となる場合、タブレット式の非常に小さい机で受験する場合があるので注意が必要。鉛筆や消しゴムが落ちることが多く、不測の事態に備えて予備を多数用意しておく必要がある。

例年、実質倍率(受験者数÷合格者数)は3倍程度と難関私立大学にしては低いが、これはICUの入試内容が特殊なため、受験者層が絞り込まれるためである。

リベラルアーツ学習適性

ICUのリベラルアーツ学習適性(2008年度まで「一般能力」の名称)は、他のどの大学の入学試験科目にも似つかない。試験時間は70分で80問(2008年度まで100問)をこなさねばならず、時間と判断力が勝負になる。数学や国語といった高校での科目を問わない問題が多く、グループ分けや規則性発見など知能テスト的要素が強い。一般常識をベースとした出題が目立ち、四字熟語・元素記号・いろは歌などは一通り把握しておきたい。分野横断的に出題されるため、平生から高校の授業を予習・復習しておくことが試験対策につながる。どのような試験に関しても言えることだが、リベラルアーツ学習適性は大学側も指示しているように、「何が問われているのか」を把握することが重要である。また、一部問題は赤本に取り上げられているものよりも難しいため注意が必要。

英語(リスニングを含む)

ICUの英語は読解(60分)とリスニング(50分)の2つで構成されている。解答はすべてマークシート方式。

読解パートは語彙力のレベルが高いが、設問自体はありふれたものが多く、受験生のレベルを考えると差はつかない。

リスニングが英語全体のおよそ半分を占めており、他大学に比べ比重が高い。会話と講義の放送は一度しか流されない為、苦手な者には長期的な対策が必要であろう。放送はナチュラルスピードであるものの、速度はある程度加減され発音は明瞭であり、問いの英文は問題用紙に印刷されている。

読解・リスニング共に多肢選択式だが、求められる語彙力が高いためICUを受験するときは何よりも英語の学習に重点を置くべきである。いずれにせよ、入学後にさらなる能力の研鑽が求められる点は、強調してもし過ぎることはないだろう。

人文科学

この試験では文学・哲学・美術・宗教・倫理・音楽などに関する資料が与えられ、受験者の知識や分析能力が問われる。当然ながらキリスト教系の大学であるので出題される資料は西洋のキリスト教世界に関するものが多い。有名な絵画からも出題されることがあるのでルネサンス期の有名な絵画や古代の叙事詩についての基礎知識は頭に入れておきたい。まずゆっくり時間をかけて本文を読み、その後一つずつ設問に取り組むことが望ましい。ICUの入試においてはここは稼ぎ所である。正答7~8割は目指したい。

社会科学

自然科学との選択である。内容は政治・経済・地理・社会学・歴史学など、いわゆる文系の社会科目から構成される。人文科学系問題と同じく資料問題が多く出題され、受験者の知識と分析が求められる。人文科学系問題ほどではないが、キリスト教関係の問題が多い傾向にあり、受験を考える者は高校レベルの世界史(西洋史)は頭に入れておきたい。一方で日本史や地理分野に跨がる場合もあるので注意が必要。

自然科学

社会科学との選択になる。数学・化学・物理・生物分野から出題され、うち2題を選択する、いわば理系受験者用問題である。どの分野においても必ず資料問題が出題されるなど、人文・社会科学系問題と同じく知識・分析力が問われる点で一貫しているといえる。

オープンキャンパス

ICUは年度のうち5回程オープンキャンパスを実施している。入試については勿論、モデル授業、在学生によるキャンパスツアーや相談会等も行われているので、大学の雰囲気を掴むという意味でも、足を運んでみてはどうだろうか。

合格体験記

下記URLでは多数のICU合格体験記が掲載されている。過去問も公開されており、受験計画を立てる上で参考されたい。
http://icu.bucho.net

このページ「国際基督教大対策」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。