応急処置

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

この本は、標準的な応急手当のコースに必要なあらゆるトピックスをカヴァーし、高度なトピックスのセクションも含まれます。カヴァーされる基礎には、次のようなものがあります。

  • 一次評価と心肺蘇生法
  • 過失と合意を含む、応急手当の法的側面
  • 出血や心臓発作や脳卒中など、循環の救急
  • 喘息やアナフィラクティック・ショックなど、呼吸の救急
  • 骨折や胸部損傷や内出血などの、内傷
  • 熱傷や発作やその他の病状

高度なトピックスの章では、酸素投与や気道確保、AEDの取扱いや原生地域での技術、さらなる病状評価やトリアージについての情報をご覧いただけます。

応急処置のコースで対象とする読者は、有資格のインストラクターから高校生程度とします。議論のある怪我や病気の画像がありますのでご了解ください。

これはウィキですので、あなたはこの本を編集できます。もし間違いを見つけたら、大胆になって修正してください。もしコメントを残したければ、そのモジュールのトーク・ページにそうしてください。もしもっと援助したければ、あなたが出くわした作業から何でも始めてください。

目次[編集]

  • 前書き
  • ケアを提供するときの問題
  • 一次評価と基本的救命
  • 二次評価
  • 循環の救急
  • 軟組織の負傷
  • 呼吸の救急
  • 骨・関節の負傷
  • 環境による傷病
  • 内科疾患と中毒
  • 高度なトピックス
  • 付録
  • メタコンテント