民法第839条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族

条文[編集]

未成年後見人の指定)

第839条
  1. 未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で、未成年後見人を指定することができる。ただし、管理権を有しない者は、この限りでない。
  2. 親権を行う父母の一方が管理権を有しないときは、他の一方は、前項の規定により未成年後見人の指定をすることができる。

解説[編集]

未成年者の後見人が指定される場合について規定している。 指定がない場合は民法第840条により未成年後見人が選任されることになる。

参照条文[編集]


前条:
民法第838条
(後見の開始)
民法
第4編 親族
第5章 後見
第2節 後見の機関
次条:
民法第840条
(未成年後見人の選任)
このページ「民法第839条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。