民法第849条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

後見監督人の選任)

第849条
家庭裁判所は、必要があると認めるときは、被後見人、その親族若しくは 後見人の請求により又は職権で、 後見監督人を選任することができる。

解説[編集]

後見監督人の選任について定めた規定である。請求によるほか、選任手続全般について家庭裁判所が大きく関与する。平成23年改正によって、未成年後見監督人と成年後見監督人とで規定が統一された。


平成23年改正前の条文
前条の規定により指定した未成年後見監督人がない場合において必要があると認めるときは、家庭裁判所は、未成年被後見人、その親族若しくは未成年後見人の請求により又は職権で、未成年後見監督人を選任することができる。未成年後見監督人の欠けた場合も、同様とする。


参照条文[編集]


前条:
民法第848条
(未成年後見監督人の指定)
民法
第4編 親族
第5章 後見
第2節 後見の機関
次条:
民法第849条の2
(削除)
民法第850条
(後見監督人の欠格事由)


このページ「民法第849条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。