民法第858条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

成年被後見人の意思の尊重及び身上の配慮)

第858条
成年後見人は、成年被後見人の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務を行うに当たっては、成年被後見人の意思を尊重し、かつ、その心身の状態及び生活の状況に配慮しなければならない。

解説[編集]

成年後見人の後見事務について負う義務についての一般的な規定である。

参照条文[編集]


前条:
民法第857条
(未成年被後見人の身上の監護に関する権利義務)
民法
第4編 親族
第5章 後見
第3節 後見の事務
次条:
民法第859条
(財産の管理及び代表)
このページ「民法第858条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。