生物学の研究技術

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

序論[編集]

生物学には、細分化された複数の学問分野にまたがった研究技術がいくつも存在する。

例えば、動物学であれ植物学であれ、生物組織の構造を調べるためのプレパラートを作成するに際して、基本的に共通する技術で切片を作成する。また、発生学系統分類学で、DNAを取り扱う技術に大差があるわけではない。実験用のモデル生物の飼育培養技術も、そのモデル生物をどの分野で用いるのであっても、細部の調整法などに差異があるにせよ、極端に異なるわけではない。

そのため、本項目では生物学の各分野の教科書とは別に、生物学の研究に用いられる各種研究技術を取り扱う。

各論[編集]

野外研究における技術[編集]

  1. 研究材料の採集と標本作製
  2. 生態学における環境因子の測定法
  3. 個体群の調査方法
  4. 生物群集の調査方法

実験室における技術[編集]

  1. 研究材料の飼育・培養
  2. 光学顕微鏡の関連技術
  3. 電子顕微鏡の関連技術
  4. 生物組織の研究法
  5. 生体分子の研究法