社会学概論

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索
社会学>社会学概論

社会学概論』は社会学の基本的な問題について概説する教科書である。

はじめに[編集]

本項目は初心者に対して社会学の導入を試みる教科書であり、学習者に対して社会学における基本的な研究を全般的に取り扱うことを狙っている。社会学は社会科学の分野において他の政治学や経済学のように固有の研究領域を形成しており、近代社会の成立とともに発展してきた学問である。研究の対象としては、例えば社会的行為の要因やその社会的な効果、社会を構成しているさまざまな集団や階級、また社会を基礎付けている社会的な自我、または文化、習慣などがしばしば扱われている。このような研究領域を包括するために社会学は多種多様な専門分野を持っており、相互行為論、社会システム論、家族社会学、産業社会額、農村社会学、都市社会学、政治社会学、経済社会学、報社会学、宗教社会学、軍事社会学、教育社会学、国際社会学などの領域がある。

社会学の論点をすべて包括した上で本質的な問題を指し示すことは難しいが、例えば議論の中では次のような一般的な問題が論じられてきている。「社会とは何であるのか」、「社会にはどのような集団が存在しているのか」、「社会的行為をもたらす基本的な原理は何か」、「社会構造はどのように組織されているのか」、「近代社会はどのように特徴付けることができるのか」、「家族は社会においてどのような機能を果たしているのか」、「経済的基盤は社会にとってどのように影響するのか」、「犯罪、教育、政治など個別の社会問題をどのように理解すればよいのか」このような問題について社会学は理論的または実証的なアプローチから研究している。

本書の構成としてはまず社会学の基本的な理論や概念を踏まえた上で段階的に個別の問題を扱うようにした。社会の原理、社会化、社会的行為、社会構造、社会変動、家族、産業、宗教、文化、教育、犯罪、医療、農村、都市、民族、組織、軍隊、政治、国際社会の順序に沿って、それぞれの研究領域における重要な学説を示しながら学習者の理解を促す。

社会の基礎[編集]

19世紀から20世紀にかけて社会学という学問が成立した背景にはヨーロッパにおける近代社会の形成があった。社会の変動を通じて社会を成立させている基本的な要素や原理についての理解の必要が認められるようになった。社会学における基本的な見方として社会とは人間の行為によって成立しているという見方がある。マックス・ヴェーバーは人間の活動の全てが社会的であるとは限らないに留意しながらも、人間の活動の多くが社会的行為であることを指摘している。人間本性として備わっている社会性に着目する意味において、この見方は微視的であると言えるが逆に巨視的な見方も提起できる。例えばパーソンズがこの見方に基づいて社会的な行為とは社会、人格、文化の三種類のシステムとして把握できると考えた。ここでは社会学の基礎的な見方を示す上で、人間の社会性と社会全体の構成について概説し、また社会学を研究する上での方法論について述べていく。

社会と人間[編集]

人間はなぜ、またどのようにして社会を形成しており、その結果として生じる社会が何かについて説明する方法の一つとして人間が本性として持っている個々人の社会性に着目する方法が考えられる。社会とは個人的な意識を超えた心的相互作用の特徴を持つ現象であるが、方法として社会の基本的な構成要素が個人であると考える方法論的個人主義の立場を採ることができる。このことによって、社会に対する人間の心理的または人格的な側面を描き出す心理学的社会学の考察が可能となる。個々人はそれぞれ内面を持っており、各人の主観によってそれぞれの社会的行為は決定されている。

社会的自我[編集]

ジョージ・ハーバート・ミード(1863年-1931年)はアメリカの社会心理学者。オバーリン大学を卒業後、ハーバード大学へ編入して哲学と心理学を学んだ。ミシガン大学、シカゴ大学で社会心理学の研究を行う。人間の自我における社会的性質について研究し、コミュニケーションと象徴的相互作用の研究成果で知られる。著作に『精神・自我・社会』、『社会心理学講義』など。

社会的人格[編集]

社会の構成[編集]

社会分業[編集]

エミール・デュルケム(1858年-1917年)はフランスの社会学者。高等師範学校を卒業してからドイツで社会学を学び、ボルドー大学やソルボンヌ大学で社会学の教育と研究を行った。第一次世界大戦の勃発に伴う事件により体調を崩してしまう。経験主義的な社会学の観点から自殺、宗教、道徳教育、家族、社会的分業など幅広い領域にわたって研究成果をあげた。著作には『社会的分業論』、『自殺論』など。

相互作用[編集]

ゲオルグ・ジンメル(1858年-1918年)はドイツの社会学者。ベルリン大学で哲学、歴史学、心理学を学び、卒業後に講師、員外教授として勤務しながら社会学の研究を進め、晩年にはシュトラスブルク大学の教授に就任している。生の哲学に基づいた社会化の形式と心的相互作用についての研究業績があり、形式社会学を提唱したことでも知られている。著作には『社会化の諸形式について』『社会学の根本問題』など。

研究方法[編集]

理論的方法[編集]

実証的方法[編集]

科学的方法[編集]

社会的行為[編集]

役割[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|エミール・デュルケム]] [[ファイル:|thumb|right|150px|セバスチャン・デ・グレージア]]

相互作用[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|ハーバート・ブルーマー]] [[ファイル:|thumb|right|150px|ユルゲン・ハーバーマス]]

社会化[編集]

文化[編集]

ジグムント・フロイト(1856年-1939年)はオーストリアの精神分析学者。ウィーン大学で生理学や心理学を学び、フランス留学を経て精神科医として開業し、精神分析の研究を進めた。人間の自我に関して独自の性理論に基づく無意識と社会的な抑制として自我に作用する超自我の考察を残している。著作には『精神分析入門』、『文明への不満』などがある。

[[ファイル:|thumb|right|150px|デイヴィッド・リースマン]]

イデオロギー[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|カール・マンハイム]] [[ファイル:|thumb|right|150px|ダニエル・ベル]]

社会階層[編集]

階級と階層[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|カール・マルクス]] [[ファイル:|thumb|right|150px|ラルフ・ダーレンドルフ]]

社会システム[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|タルコット・パーソンズ]] [[ファイル:|thumb|right|150px|ロバート・キング・マートン]]

社会変動[編集]

近代化[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|オーギュスト・コント]]

社会移動[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

家族[編集]

家族の形態[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

ジェンダー[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

労働[編集]

雇用と失業[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

生産活動[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

産業[編集]

資本[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]] [[ファイル:|thumb|right|150px|テオドール・アドルノ]]

生産管理[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

宗教[編集]

信仰生活[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|マックス・ウェーバー]]

教会組織[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

文化[編集]

文化資本[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|ピエール・ブルデュー]]

文化変容[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

教育[編集]

学習[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

教育[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

犯罪[編集]

社会的要因[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

犯罪行為[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

医療[編集]

病人行動[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

医療化[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

農村[編集]

農村の生活[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

農村発展[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

都市[編集]

都市化[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

都市問題[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

民族[編集]

民族集団[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

人種主義[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

組織[編集]

官僚組織[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

ネットワーク組織[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

軍隊[編集]

軍人精神[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|ハーバート・スペンサー]]

軍隊と社会[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

政治[編集]

市民社会[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

正統性[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

国際社会[編集]

グローバリゼーションの基盤[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]

世界的不平等[編集]

[[ファイル:|thumb|right|150px|]]