LPIC(level1)

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索
情報技術 > LPIC(level1)

LPI認定 (Linux Professional Institute Certified) とは、国際的な非営利団体 (NPO) である「LPI™(Linux Professional Institute:Linux プロフェッショナル協会)」が実施しているLinux技術者のための認定プログラムである。Linuxの認定試験としては、Red Hat社が実施している RHCE (Red Hat Certified Engineer) 試験や、 Turbolinux社の実施する Turbo-CE (Turbolinux Certified Engineer) 試験などがありますが、 LPI認定試験はベンダーやディストリビューションに依存せず、中立的な立場でLinux技術者の技術力認定を行っている。また、世界最大規模のLinux技術者の試験であるとも言える。

LPI認定レベル1の概要[編集]

LPI認定は、レベル1からレベル3まで3段階に分かれており、レベルが上昇するにつれて難易度は高くなる。レベル1は初級者、レベル2は中級者、レベル3は上級者と見なすことができます。 Linux経験年数の目安としては、レベル1では、半年~1年程度、レベル2では、 3〜4年程度とされています。現状では、認定はレベル順に取得していく必要があり、レベル2を取得するにはレベル1を、レベル3を取得するにはレベル2を先に取得しなければなりません。

レベル 試験番号
LPI試験レベル1 117-101 Linux一般1
117-102 Linux一般2
LPI試験レベル2 117-201 Linux応用管理
117-202 Linuxネットワーク管理
LPI試験レベル3 117-301 LPIC-3 Core
117-302 LPIC-3 Specialty Mixed Environment

LPI認定レベル1の取得に必要な試験科目は「117-101:Linux一般1」と「117-102:Linux一般2」である。

Linux一般1試験の概要[編集]

117-101(Linux一般1)は、LPI認定試験レベル1取得のための第1関門となります。出題数は、おおよそ65~75問であり、制限時間は90分となっています。合格には、 65%程度の正答率が必要です(Linux一般1試験の概要)。

117-101 Linux一般1 内容 
1.101  ハードウェアとアーキテクチャ
1.102  Linux のインストールとパッケージ管理
1.103  GNU & UNIX コマンド
1.104  デバイス、ファイルシステム、FHS
1.105  X Windows System

Linux一般2試験の概要[編集]

117-102(Linux一般2)は、LPI認定試験レベル1取得のための第2関門となります。これが合格すれば、晴れてLPI認定レベル1は合格となり、認定証と認定カードを得られます。出題数は、おおよそ73問であり、制限時間は90分となっています。合格には、 65%程度の正答率が必要です(Linux一般2試験の概要)。

  117-102 Linux一般2 内容
1.105  カーネル
1.106  起動、シャットダウン、ランレベル
1.107  印刷
1.108  ドキュメント
1.109  シェルとシェルスクリプト
1.111  システム管理
1.112  ネットワーク基礎
1.113  ネットワークサービス
1.114  セキュリティ

LPIC (level1) のテキスト[編集]

Linux一般1試験のテキスト[編集]

117-101 Linux一般1 テキストの目次
1.101  ハードウェアとアーキテクチャ
1.102  Linux のインストールとパッケージ管理
1.103  GNU & UNIX コマンド
1.104  デバイス、ファイルシステム、FHS
1.110  X Window System

Linux一般2試験のテキスト[編集]

  117-102 Linux一般2 テキストの目次
1.105  カーネル
1.106  起動、シャットダウン、ランレベル
1.107  印刷
1.108  ドキュメント
1.109  シェルとシェルスクリプト
1.111  システム管理
1.112  ネットワーク基礎
1.113  ネットワークサービス
1.114  セキュリティ


関連項目[編集]

外部リンク[編集]