OpenOffice.org Calc セルの操作

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

'元に戻す'、'やり直す','繰り返し'の使用[編集]

OpenOffice.org Writer_文字列の操作#'元に戻す'、'やり直す','繰り返し'の使用で説明されている内容がそのまま応用できます。

セルの数式と値のクリア[編集]

セル内の数式や値は簡単に消去することが出来ます。内容を消去したいセルを選択した状態でDeleteキーを押します。この時、消去したい内容を選ぶウィンドウが表示されるので、'全て削除'にチェックをつけてOKボタンをクリックすると、セルの内容が削除されます。

また、セルを選択した状態でBackSpaceキーを押すと罫線、文字の位置、背景色などの情報を残したまま、セル内の文字、数値、数式だけを消すことができます。

文字列、日付、数値の入力[編集]

Calcでは、文字列、日付、数値が区別されます。これらはデータとして異なった扱いを受けるため、見た目が同じでも、データとしての扱いが異なればある操作に対する挙動も変わって来ます。そのため、データを入力するときは、データが正しい形式のデータとして扱われるように入力する必要があります。

文字列は数字以外の文字をセルに入力したときに、セル内のデータが文字列であると見なされます。

数値は、数字を入力したときにセル内のデータが数値であると見なされます。数字は、w:整数以外にw:実数を扱うことが出来ます。

最後に日付ですが、日付は

年/月/日

の形で入力する必要があります。入力し終わると、セルの書式に従って

Y年M月D日

M月D日

などの形式で表示されます。

セルの内容の編集[編集]

一旦セルの内容が確定されると、単純にセルを選択し、書き込みを行なうだけでは、セルの内容を編集することは出来ません。この操作ではセルの内容が上書きされます。セルの内容を編集するときには、編集したいセルをw:ダブルクリックするか、セルを選択した状態でF2キーを押して下さい。

特定のセルへのジャンプ[編集]

特定のセルへジャンプを行なうには、'ナビゲータ'機能を利用します。'ナビゲータ'機能は、セルや文書中に挿入された画像などの移動を行なう機能です。

'ナビゲータ'を利用するには、'編集'>'ナビゲータ'を選択します。この時、ナビゲータウィンドウが開かれます。ナビゲータウィンドウにはいくつかの機能があります。ここでは、特定のセルへのジャンプだけを扱います。ナビゲータウィンドウには、それぞれ'行'、'列'と書かれた部分があります。ここでそれぞれの値をジャンプ先の値にし、Enterキーを押すことで、選択されたセルに移動することが出来ます。

選択したセルの挿入/削除[編集]

'切り取り'、'コピー'、'貼り付け'、'形式を選択して貼り付け'の使用[編集]

OpenOffice.org Writer_文字列の操作#'切り取り'、'コピー'、'貼り付け'、'形式を選択して貼り付け'の使用で説明されている内容がそのまま応用できます。

検索と置換の使用[編集]

OpenOffice.org Writer_文字列の操作#検索と置換の使用で説明されている内容がそのまま応用できます。

セルの書式のクリア[編集]

セルに対して設定した文字飾りや背景色などを一律に取り除くことが出来ます。この操作は、書式を取り除きたいセルを選択し、'書式'>'標準の書式設定'を選択することで行ないます。この操作は、複数のセルに対して同時に行なうことが出来ます。

連続データの作成(オートフィル)[編集]

連続データとは、何らかの決まりを持って入力されるデータ群の事です。例えば、月ごとのデータの変化を表にするときに、月のデータを自動的に作成できると便利です。連続データはこの様な情況で威力を発揮します。

連続データを作成するには、'編集'>'連続データ'を用いる方法と、w:オートフィルを用いる方法があります。

'編集'>'連続データ'を用いる方法では、まず最初に、連続データを挿入したい(複数の)セルを選択します。次に、'編集'>'連続データ'>'連続データの作成'を選びます。すると、連続データの内容を定めるウィンドウが開きます。このウィンドウでは、連続データの種類や初期値、増分などを定めることが出来ます。連続データの種類は、ウィンドウ内の'連続データの種類'によって定めることが出来、データの初期値、増分はそれぞれ、'開始値'、'増分値'によって定めることができます。

次に、'オートフィル'を用いる方法について述べます。'オートフィル'を用いるときには、連続データの初期値となるデータを該当するセルに入力します。次に、入力したセルの右下で、カーソルが十字になる部分を見つけ、その部分から連続データを作成したい方向へマウスをw:ドラッグします。すると、ドラッグされたカーソルが横切ったセルの中に、連続データが作成されます。

ハイパーリンクの作成[編集]

OpenOffice.org_Writer_ファイルの操作#ハイパーリンクの作成で説明されている内容がそのまま応用できます。