OpenOffice.org Writer

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

OpenOffice.org>OpenOffice.org Writer


OOo Writer

はじめに[編集]

ここでは、OpenOffice Writerの使い方を説明します。Writerは基本的な文書を作成するためのw:ソフトウェアで、その使用範囲はビジネス上、家庭内を問わず広くにわたっています。

Writerはw:ワープロ(ワードプロセッサ)ソフトの1つです。ワープロソフトのことをw:ワードと呼ぶことがありますが、ワードはw:マイクロソフトのワープロソフトの名称であり商品名です。

この文書は、Microsoft Office Specialist(以降w:MOS)という資格の試験範囲に従って書かれています。これは、MOSが、w:オフィスソフトに関する資格のうちで最もポピュラーな資格であることを念頭に置いた選択です。また、資格試験の範囲に従うことで、基本的な文書を扱う上でWriterが十分な機能を持っていることの証明にもなります。

特にこの文書はMOS Word 2000を元にして書かれています。対象のWordの版が古いのは、この版の試験範囲は、他の版の試験範囲と比べて、記述が最も明瞭だったことによります。

MOSに準拠した形式で書かれているとはいえ、この文書はMOS対策の文書ではありません。MOS取得を目指す人は対応する書籍等で対策をして下さい。

参考文献[編集]

ユーザーマニュアル(英語)

http://documentation.openoffice.org/manuals/

OOoユーザー会のサイト

http://ja.openoffice.org/

各種MOS対策サイト
マイクロソフトのMOSサイト

http://officespecialist.odyssey-com.co.jp/index.html