OsiriX オンライン解説文書/OsiriX入門 プラグインを使用する

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

< ^ >


プラグイン機能を使用するには、プラグインをダウンロードするか、あるいは自分で作成する必要があります。

プラグインのダウンロード[編集]

多くのプラグイン (ソースコードを含む) がOsiriX のウエブサイトからダウンロードできます。:

http://www.osirix-viewer.com/Plugins.html

このサイトから利用可能なプラグイン:

  • Image Filters
    • Invert & Web browser
    • Duplicate
    • Fill Gaps
    • T2 Fit Map

//プラグインの使用方法の記述を是非お願い致します。


  • ROI Tools
    • ROI Enhancement
    • ROI Creation
    • Ejection Fraction Calculation
    • Pixel Normalization
  • Fusion Filters
    • CT Angio Subtraction
    • Ratio T2 Map

//プラグインの使用方法の記述を是非お願い致します。

  • Other Filters
    • OpenGL

自分でプラグインを開発する[編集]

プラグインの開発に興味があれば、OsiriX プラグイン開発ツールキットマニュアル (PluginsManual.pdf) やサンプルプラグインを含む OsiriX の ソースコード 一式をダウンロードするのがよいでしょう。

開発者であるAntoine M. D. 曰く:

OsiriX プラグインの作成はとても簡単で、しかも全部タダなんだっ!。開発環境 (XCode) はすべてのMac で使えるし、使いたければ、付属のDeveloper CD-ROM からインストールするだけ。プラグインの作成にはオブジェクティブC言語による記述が必要なんだ。オブジェクティブC は、すごいオブジェクト指向でダイナミックなプログラミング言語だよ、これ本当っ。Java に似てるけど、ず〜っとず〜っと高速だしね!。


プラグイン作成の詳細に関しては、開発ツールキットに付属するマニュアルを参照したり、 OsiriX Divelopers Discussion Group に参加してください。


プラグインをインストール[編集]

プラグインを入手したら、次にプラグインをOsiriX が認識できる適切な場所に配置します。

OsiriX には、3 ケ所の配置場所があります。:

  • /Library/Application Support/OsiriX/plugins (日本語表示では、/ライブラリ/アプリケーションサポート/OsiriX/plugins)
  • homeDirectory/Library/Application Support/OsiriX/plugins (日本語表示では、利用者のホーム/ライブラリ/アプリケーションサポート/OsiriX/plugins)
  • OsiriX/Contents/Plugins (OsiriX 本体のパッケージ内容を表示して、Contents/Plugins)

上記のうち、最初の場所 (/Library/Application Support/OsiriX/plugins) を推奨します。ここは、全てのユーザがプラグインを利用できる場所です。

プラグインを使用する[編集]


OsiriX
< ^ >