Wikibooks:投稿ブロックの方針

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索
Purple question mark.svg この文書はウィキブックス日本語版の公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。 ショートカット:
WB:BAN
WB:BP
WB:BLOCK


趣旨[編集]

投稿ブロックは、特定アカウントまたはIPアドレスからの編集および移動を一時的または無期限に禁止する措置です。管理者によって実行されます。この文書では、日本語版ウィキブックスにおける投稿ブロックの方針を定めます。

方針[編集]

  • ブロック対象については、日本語版ウィキブックスにおいて独自に定めることが理想ですが、当面日本語版ウィキペディアの方針を適用します。日本語版ウィキペディアの投稿ブロックの方針の改定案及び日本語版ウィキペディアの追放の方針も、場合によっては参考になるかもしれません。
    • ただし、日本語ウィキペディアにある「必ず複数の利用者が対話を試みていること」は当分は適用しません。対話は努力目標とするにとどめます。
    • その他、日本語版ウィキブックスの現状からみて適切とはいえないものについては適用の対象外となると考えられますが、実際は個々の事案における管理者の経験と合理的判断に依存する部分が多くなるでしょう。上記のように明示的に適用が制約されたもの以外は適用されてしまう可能性があります。
  • 運用は、本来は日本語版ウィキブックスに適したものを独自に定めることが理想ですが、当面は日本語版ウィキペディア及び日本語版ウィクショナリーなど姉妹プロジェクトにおける運用に準じるものとします。ただし、日本語版ウィキブックスの現状からみて適切とはいえないものについてはその限りではないとします。実際には個々の事案における管理者の経験と合理的判断に依存する部分が多くなるでしょう。以下の草案も参考になるかもしれません。

運用の草案[編集]

  • 日本語版ウィキブックスにおける投稿ブロックの運用においては、以下のような独自ルールを定めることが提案されています。
    • ブロックは、審議を経て行う通常のブロックと、管理者の裁量で行う即時ブロックにわけます。
    • 通常のブロックの最長期限は1年間とします。ただし、同じユーザに連続してブロックを行うことができます。
    • 即時ブロックの最長期限は15日間とします。ただし、はじめてブロック対象となるユーザに対しては24時間を越えるブロックをかけてはならないものとします。
    • 即時ブロックの際の警告は、ブロック時の理由の記載をもってかえることが出来ます。
    • ブロックの期限は24時間以内、1週間以内、15日以内、1ヶ月以内、3ヶ月以内、1年以内を目安とし、対話の進展、被害の重大さ、これまでのブロック歴などに応じて、適時選択します。
    • 通常のブロックにおいては、依頼者または議論の参加者がブロック期間を提案し、合意がある場合にそれを裁量するものとします。ブロックそのものについて合意がなされ、なおかつ期間については合意のない場合、管理者は提案済の期間のうちから、議論からみて適切と思われる期間のブロックを設定することができます。
    • 他のユーザに法的な危害を加えることを図るユーザ、システムに甚大な損害を与えることをはかるユーザ、過去に1ヶ月を超えるブロックを複数回受けたことのあるユーザには、無期限のブロックを課することができます。
    • 24時間以内に、同一ユーザが同一ページを3回差し戻した場合は24時間の投稿ブロックの対象とする。複数の差し戻しの間に対象ユーザが有意な編集を行なっている場合でも、これを適用するものとします。ただし、差し戻しの対象が、即時削除の対象となる明らかな荒らし行為ないし類似の内容の編集である場合には、これを適用しません。
    • 以前ブロックされたユーザーのソックパペット又は生まれ変わりとみなされたユーザは、「はじめてブロック対象となるユーザ」には含まれません。また、場合によっては「過去に1ヶ月を超えるブロックを複数回受けたことのあるユーザ」に該当するとみなされ、無期限のブロックの対象となる場合もあります。
    • 他言語版のウィキブックス、又は日本語版ないし他言語版のウィキペディアなど姉妹プロジェクトにおいてブロック歴があるユーザと同一人物である蓋然性が高いユーザについては、「はじめてブロック対象となるユーザ」には含まれず、また、それらにおいて1ヶ月を超えるブロックを複数回受けている場合には「過去に1ヶ月を超えるブロックを複数回受けたことのあるユーザ」に該当するとみなされることもありえます。ただし、これらのユーザが日本語版ウィキブックスにおいては正常な編集行為をおこなっている場合には他言語版又は姉妹プロジェクトにおけるブロック歴のみを理由としてブロックされることは原則としてありません。