ウィキペディアの書き方 ポータル・プロジェクト案内

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

先頭に戻る


ウィキペディア内には、同じ分野に興味を持つ執筆者が集まり、表記や内容などを話し合うページもあります。記事を書いていて困ったときや迷ったときには、該当ジャンルのポータルページやプロジェクトのノートページで、相談してみましょう。きっと先輩ウィキペディアンから有意義なアドヴァイスがもらえるでしょう。

ポータル[編集]

ポータルとは英語で門を意味します。その分野の重要な記事や、新しい記事など注目される記事を集め、その分野全体を概観することをめざします。関係する記事を一ページにあつめ、さまざまな項目を紹介します。たいていのポータルは次の節で紹介するプロジェクトよりももう少し広い範囲を扱っています。

ポータルの運営方針はそれぞれに異なります。ですがたいていのポータルは閲覧をする人と編集の両方に役立つことを目指しています。つまり、ポータルは読者への案内であるとともに、その分野の項目を執筆する人が作業をしやすくすることを目標にしています。たとえば、新着項目は読者への案内であるとともに、加筆や文章の整形(参照:「草取り」)を執筆者に呼びかける役割も果たします。

さらに翻訳依頼や加筆依頼といった、完全に執筆者向けのコーナーを備えたポータルも多く存在します。

また一部のポータルでは、週単位や月単位で特定の項目を集中して執筆する「特集記事」の企画が行われています。時にはポータルのノートが特定分野の項目の執筆に関する議論を結果的に集約する場になっていることもあります(これはプロジェクトにも当てはまります)。

いくつかのポータルでは「参加者」のリストを備えています。これは積極的にポータルを使っているという宣言のようなもので、リストに名前をのせなければポータルを閲覧したり、編集したりしてはいけないという意味ではありません。むしろ、わからないことがあったら、気軽にポータルのノートや参加者リストに名前をのせている人に相談してみましょう。

現在日本語版ウィキペディアには下記のようなポータルがあります。

また、ポータルではないですが、同じような活動を行っているページがいくつかあります。

プロジェクト[編集]

特定の分野の記事を充実させるため、フォーマットの相談などをしています。各プロジェクトページに署名することで参加表明ができます。自分の興味のある分野のプロジェクトページがあれば、ぜひ参加してみましょう。現在、以下のようなプロジェクトがあります。

いくつかのプロジェクトは他の言語版からの翻訳によって始まりました。いくつかのプロジェクトはまったく独自に日本語版ではじめられました。他のプロジェクトを参考に立ち上げられたものもあります。自分の関心がある主題が一人で書くには大きいものだったり、王朝の歴代君主のような一定の決まった形式があるほうが書きやすいようなものでしたら、いまあるプロジェクトで適当なものがないか考えてみましょう。そしてもしまだないのなら、あなたが新しくプロジェクトを始めることもできるのです。ただし、プロジェクトを始めるのであれば、他の編集者と十分に相談することも大切でしょう。

このページ「ウィキペディアの書き方 ポータル・プロジェクト案内」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。