コンメンタール会計検査院懲戒処分要求及び検定規則

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

会計検査院懲戒処分要求及び検定規則(最終改正:平成二一年四月一日会計検査院規則第二号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア会計検査院懲戒処分要求及び検定規則の記事があります。

第1章 懲戒処分の要求(第1条~第5条)[編集]

第1条(懲戒処分の要求)
第2条
第3条
第4条(再審の請求)
第5条(再審の結果の通知)

第2章 検定[編集]

第1節 出納職員又は物品管理職員等に対する検定(第6条~第7条)[編集]

第6条(検定の請求)
第7条(検定の申出)

第8条 会計検査院は、法第2章第3節 に規定するところにより検査を行い、出(第9条~第15条)[編集]

第9条(資料の提出)
第10条(検定結果の通知)
第11条(再検定の申出)
第12条(再検定)
第13条(口頭審理)
第14条(陳述等)
第15条(口頭審理記録書)

第2節 予算執行職員又はその上司に対する検定(第16条~第19条)[編集]

第16条(検定の申出)
第17条(予責法 による検定)
第18条(再審の請求)
第19条(予責法 による再検定)

第3章 雑則(第20条~第25条)[編集]

第20条(記名押印)
第21条(公示による送付)
第22条(電子情報処理組織による申請等又は処分通知等)
第23条(第19条第3項において準用する場合を含む。)
第24条(電磁的記録による作成)
第25条(電磁的方法による提出)
このページ「コンメンタール会計検査院懲戒処分要求及び検定規則」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。