一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第49条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法一般社団法人及び一般財団法人に関する法律コンメンタール一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

条文[編集]

(社員総会の決議)

第49条
  1. 社員総会の決議は、定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した当該社員の議決権の過半数をもって行う。
  2. 前項の規定にかかわらず、次に掲げる社員総会の決議は、総社員の半数以上であって、総社員の議決権の三分の二(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に当たる多数をもって行わなければならない。
    第30条第1項の社員総会
    第70条第1項の社員総会(監事を解任する場合に限る。)
    第113条第1項の社員総会
    第146条の社員総会
    第147条の社員総会
    第148条第三号及び第150条の社員総会
    第247条第251条第1項及び第257条の社員総会
  3. 理事会設置一般社団法人においては、社員総会は、第38条第1項第二号に掲げる事項以外の事項については、決議をすることができない。ただし、第55条第1項若しくは第2項に規定する者の選任又は第109条第2項の会計監査人の出席を求めることについては、この限りでない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第48条
(議決権の数)
一般社団・財団法人法
第2章 一般社団法人
第3節 機関
第1款 社員総会
次条:
第50条
(議決権の代理行使)
このページ「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第49条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。