中学校保健/傷害の発生要因

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人的要因と環境要因[編集]

事故や事件などで、人が肉体的に傷つく事を、傷害(しょうがい)と言います。

中学生・高校生の死亡原因で最も多いのは、年度にもよるが、交通事故である。(2014年に記述。)

傷害の原因は大まかに、人的要因(じんてき よういん)と環境要因(かんきょう よういん)に分けられる。

  • 人的要因(じんてき よういん)

人の心や人の行動など、人による要因。 たとえば、「あわてていた。」「疲れていた。」など。

  • 環境要因(かんきょう よういん)

危険な場所、危険な物、天候などの悪条件。


傷害の予防[編集]

傷害の予防としては、これら傷害の要因を遠ざけることが、傷害の予防になる。

まず、人的要因をふせぐために、なるべく心身ともに健康な状態に近づける。たとえば、ひどく疲れているなら、休養する、など。