商法第1条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法商法コンメンタール商法第1編 総則 (コンメンタール商法)商法第1条

条文[編集]

(趣旨等)

第1条
  1. 商人の営業、商行為その他商事については、他の法律に特別の定めがあるものを除くほか、この法律の定めるところによる。
  2. 商事に関し、この法律に定めがない事項については商慣習に従い、商慣習がないときは、民法 (明治二十九年法律第八十九号)の定めるところによる。

解説[編集]

商事について規定し、商事について適用されるにつき定める。

商事に関しては、商事制定法が最も優先的に適用され、商事制定法に規定がないときは商慣習が適用され、商慣習も存在しないときは民法が適用される。商慣習が制定法である民法よりも優先して適用されるのは、企業を巡る法律関係に即して生み出された商慣習を適用する方が合理的だからである。

関連条文[編集]

第三条  公の秩序又は善良の風俗に反しない慣習は、法令の規定により認められたもの又は法令に規定されていない事項に関するものに限り、法律と同一の効力を有する。


このページ「商法第1条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
前条:
商法
第1編 総則
第1章 通則
次条:
商法第2条
(公法人の商行為)