民法第263条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)民法第263条

条文[編集]

共有の性質を有する入会権

第263条
共有の性質を有する入会権については、各地方の慣習に従うほか、この節の規定を適用する

解説[編集]

共有の性質を有する入会権、即ち、入会団体が入会地を所有する場合における入会権について定める。なお、共有の性質を有しない入会権については、地役権に従う民法第294条(共有の性質を有しない入会権)を参照。

ただし、実際は、共有及び地役権の規定が適用又は準用される局面は稀であり、入会権者及びその利害関係者の間で長年に渡り積み重ねられた取り決め、規約、暗黙の合意等の慣習に委ねられている。

参照条文[編集]

判例[編集]

英文出典等[編集]

(Rights of Common with Nature of Co-ownership)

Article 263 Rights of common that have the nature of co-ownership shall be governed by local custom and shall otherwise be subject to the application of the provisions of this Section.


前条:
民法第262条の3
(所在等不明共有者の持分の譲渡)
民法
第2編 物権

第3章 所有権

第3節 共有
次条:
民法第264条
(準共有)
このページ「民法第263条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。