民法第718条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)民法第718条

条文[編集]

動物の占有者等の責任)

第718条

  1. 動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。
  2. 占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

解説[編集]

動物占有者、及び動物管理者とみなされた者については、上記の要件に基づき不法行為責任を負うことがある。

関連条文[編集]


前条:
民法第717条
(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)
民法

第3編 債権
第5章 不法行為

次条:
民法第719条
(共同不法行為者の責任)
このページ「民法第718条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。