民法第837条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(親権又は管理権の辞任及び回復)

第837条
  1. 親権を行う父又は母は、やむを得ない事由があるときは、家庭裁判所の許可を得て、親権又は管理権を辞することができる。
  2. 前項の事由が消滅したときは、父又は母は、家庭裁判所の許可を得て、親権又は管理権を回復することができる。

解説[編集]

やむを得ない事由とは、例えば、重病、海外赴任、服役などが該当する。 また、父母が成年被後見人になった場合も含まれる。

参照条文[編集]


前条:
民法第836条
(親権又は管理権の喪失の宣告の取消し)
民法
第4編 親族
第4章 親権
第3節 親権の喪失
次条:
民法第838条
(後見の開始)
このページ「民法第837条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。