民法第869条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)民法第869条

条文[編集]

委任及び親権の規定の準用

第869条

第六百四十四条 及び第八百三十条の規定は、後見について準用する。

解説[編集]

民法第644条は、受任者の注意義務を定めた規定である。 民法第830条は、第三者が無償で子に与えた財産の管理につき定めた規定である。

参照条文[編集]

次 第870条(後見の計算)

このページ「民法第869条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。