日本史 戦前

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
満州事変 から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

歴史 > 日本史 > 戦前

第二次世界大戦前の時代。通常は、明治維新(江戸城明け渡し。1868年5月3日)を始まりとして、第二次世界大戦終結(ポツダム宣言調印。1945年9月2日)までを含める。

政治[編集]

  1. 大日本帝国憲法
    • 国家名は「大日本帝国」。
    • 大日本帝国憲法により、天皇が最高権力者として統治権を一手に掌握した。
    • 帝国主義の政治と外交。帝国時代
  2. 主要政治家
    • 天皇
    • 総理大臣
    • 各大臣
    • 元老
    • 枢密院議長
    • 帝国議会議員(貴族院と衆議院)

中央集権型行政[編集]

  1. 地方行政は、土着・世襲の藩主ではなく、中央から派遣される内務官僚が担った。
  2. 官僚の登用は、西洋の最新学問を科す高等文官試験によって実施された。

軍事[編集]

※「大日本帝国空軍」は設置されなかった。

軍首脳と政治
  • 天皇は「大元帥」として軍の総司令官であり、戦争の開始と終了は天皇が宣言した。開戦と終戦に際しては、天皇・総理大臣・陸軍大臣・海軍大臣などが集まる御前会議を開いて、最終的に天皇が決定した。
  • 現役武官が陸軍大臣や海軍大臣に就く「軍部大臣現役武官制」が布かれており、陸軍首脳や海軍首脳は「天皇は陸海軍を統帥す(第11条)」「天皇は陸海軍の常備兵額を定む(第12条)」と明記した大日本帝国憲法を盾に政治力を行使した。

帝国主義[編集]

  1. 外地
    世界は欧米列強による帝国主義と植民地主義の時代。日本も欧米列強を模倣して、琉球蝦夷を併合し、次いで台湾朝鮮半島を植民地に入れた。戦前日本の植民地を「外地」という。
  2. 立て続けの戦争
    10年に1度は戦争が起こった。
    • 日清戦争(1894年~1895年)
    • 日露戦争(1904年~1905年)
    • 第一次世界大戦(1914年~1918年)
    • シベリア出兵(1918年~1922年)
    • 満州事変(1931年~1932年)
    • 満州国樹立(1932年)
    • 日中戦争(1937年~1945年)
    • 第二次世界大戦・太平洋戦争(1941年~1945年)

経済[編集]

  1. 絹糸が外貨獲得産業となり、内陸部を中心に製糸工場が立ち並んだ。
  2. 地方の産業構造は、軽工業、鉱工業、農業が三本柱。炭田の時代でもあり、筑豊炭田や常磐炭田などの炭田がその地方の経済を支えていた。
  3. 経済指標は軍艦の保有台数。(※江戸時代だと石高に、戦後だとGNPやGDPに該当する。)
  4. 西洋と同じく、産業革命 → 景気沈滞(日露戦争不況) → バブル景気(大戦景気)→ 労働争議、の時代に変わって行った。又、10年周期で好景気と不景気が循環した。