「Wikijunior:大型ネコ/トラ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
文章の簡単化。
(難しい漢字が多く、ウィキジュニアとして表現が不適なので、読みを補ったり、言い換えたりした。)
(文章の簡単化。)
[[Image:Panthera tigris tigris.jpg|thumb|right|ベンガル虎]]
ハイイログマより小さいものの敏捷(「びんしょう」。すばやい、という意味。)であることから、肉食獣の王者としての称号を得ています。トラは猫科の中でもっとも剛力であり、人間の5倍の引く力を持ち、また長距離を走れて、泳げて、(得意では無いですが)登れます。トラはヒョウ属であり、ライオンや豹(ひょう)、ジャガーと同じヒョウ属で、このネコ科たちだけが吠えることができます。トラの唸り声はライオンの大音声とは違い、どなり声に近いです。
 
ハイイログマより小さいものの敏捷(「びんしょう」。すばやい、という意味。)であることから、肉食獣の王者としての称号を得ています。トラは猫科の中でもっとも剛力であり、人間の5倍の引く力を持ち、また長距離を走れて、泳げて、(得意では無いですが)登れます。トラはヒョウ属でありす。、ライオンや豹(ひょう)、ジャガーと同じヒョウ属で、このネコ科たちだけが吠えることができます。トラの唸り声はライオンの大音声とは違い、どなり声に近いです。
==生息地==
 
== 生息地 ==
[[Image:Tigers.png|thumb|right|虎の生息地]]
トラは西アジアおよび南西アジアの森や草原に生息し、バングラデシュやブータン、中国、インド、ネパール、カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシアのスマトラ島、ロシア極東部などにいます。
 
== 外見 ==
[[Image:White_tigers_drinking.jpg|thumb|right|ホワイトタイガー]]
生まれたばかり大型トラはネコ科と同様に、出生の直後は飼い猫のような体格ですが、次第に大きくなります。他の大型ネコ科も、生まれたばかりのころは、ネコのような体格です。
 
トラの体色は大抵、ふつうは橙色(だいだいいろ)に黒縞(くろしま)で、足の裏や首から腹にかけては体色が白くなっています。このシマは個体により異なり、密林での灌木(かんぼく)に紛れる[[迷彩]](めいさい)として役立ちます。
 
全長は、鼻先から尾端までを全長とすると、全長は大抵は 約6フィート(約180 センチメートル) から 9フィート(約270 センチメートル) で、最大級となると 全長3m にもなります。尾は約91cmです。体重は160kgから250kgです。
 
トラのの力はとても強く、柔らかい足裏には鋭い爪が隠れ、短く厚い毛皮をまとい長い髭(ひげ)を生やしています。
 
ホワイトタイガーはアルビノとは違い、ある遺伝子欠損により皮膚や眼、毛皮の色素がなく、白地に薄い縞か縞がない体色で蒼い瞳です。
 
 
== 獲物の種類と、つかまえかた ==
[[Image:Tiger chasing a deer cropped.jpg|thumb|right|鹿を追うシベリア虎]]
[[Image:Tigergebiss.jpg|thumb|right|虎の丈夫な顎]]
ヘラジカ(箆鹿)や野豚、水牛など草食動物を捕食し、大抵のネコ科動物と同じく単独で狩りをします。獲物を探知すると近くに隠れて跳びかかる機会を待ちます。獲物がいなければクジャクのオスですら捕食します。
 
トラの獲物は、ヘラジカ(ヘラ鹿)や野ブタ、水牛(すいぎゅう)などの草食動物です。トラは、草食動物を捕まえて食べます。トラは、ひとりで狩りをします。ちなみに、ほかのネコ科動物も、狩りは、ひとりで します。
トラが棲息する地域に住む人達は後頭部に顔の面を被ることで襲撃されないようにしています。虎は獲物の後方から接近し、襲う前に二回ほど様子を伺います。Jim Corbettはインドで多くの人喰い虎を殺した自然保護論者かつ狩猟家として有名です。
 
ジカ(箆鹿)や野豚水牛など草食動物を捕食し、大抵のネコ科動物と同じく単独で狩りをします。獲物を探知すみつけると近くに隠れて、とびかかる機会チャンスを待ちます。獲物がいなければクジャクのオスですら捕食します。
 
トラが棲息すのいる地域に住む人達は後頭部に顔の面を被ることで襲撃さ、トラに おそわれないようにしています。虎は獲物の後方から接近し、襲う前に二回ほど様子を伺います。Jim Corbettはインドで多くの人喰い虎を殺した自然保護論者かつ狩猟家として有名です。
 
== 驚きの事実 ==
* トラの縞は毛だけでなく皮膚にもあります。
* 泳ぎが上手く、大抵は体温を冷ますために泳ぎます。
17,622

回編集

案内メニュー