「高等学校日本史A」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
==第一章 明治維新==
# [[高等学校日本史A/第一章 明治維新]] {{進捗|25%|2015-09-01}}
===ペリー来航===
アヘン戦争(1840~1842)で清がイギリスに負けたのち、イギリス軍艦が日本に来航するかもしれないという情報をうけて、1842(天保13)年、老中'''水野忠邦'''は異国船打払令を緩和して'''天保の薪水給与令'''を出し、外国船に薪や水、食料を供給することにした。
それから、諸国は日本に開国をもとめだした。1846(弘化3)年には長崎にフランス艦隊、浦賀に'''ビッドル'''率いるアメリカの東インド艦隊が来航したが、幕府は鎖国の姿勢を崩さなかった。
メキシコとの戦争が終わって寄港地を求めていたアメリカは、1853(嘉永6)年、東インド艦隊司令長官の'''ペリー'''に軍艦(黒船)を率いさせて浦賀に国書を提出するために派遣した。ペリーの強硬な態度におされた幕府は国書を受けとるが、回答は翌年までまってもらうことにした。その後ロシアの'''プチャーチン'''も長崎に来て、開国や国境の画定を求めた。これを知ったペリーは、1854(安政元)年、再び来航して'''日米和親条約'''(神奈川条約)を結ばせた。その内容は以下の通りである。
①'''下田'''と'''箱館'''の開港
②総領事の駐在
③片務的な'''最恵国待遇'''
④難破船乗務員の救助、燃料や食料の提供
これについで英仏露とも同様の条約を結んだ。このうち、ロシアとの条約を'''日露和親条約'''といい、日露の国境は択捉島と得撫島の間とし、樺太(サハリン)は両国民の雑居地とすることを決めた。また、下田と箱館に加えて'''長崎'''も開港することを決め、最恵国待遇により、他国にも長崎を開港することになった。
 
===安政の改革===
従来、幕府の政治は将軍と譜代大名で主に行っていた。しかし、ペリーの来航によって日本全体が外国の脅威に晒されることになり、老中'''阿部正弘'''は方針を変えて朝廷や外様・親藩大名を含む幅広い人から意見を聞くことにした。そして、前水戸藩主'''徳川斉昭'''(親藩)を'''海軍参与'''として幕政に参画させた。また、江戸湾に海上砲台('''台場''')を築き、長崎に'''海軍伝習所'''を設置した。さらに、江戸に'''蕃書調所'''(前'''洋学書''')や'''講武所'''をもうけ、大艦建造の解禁、製鉄所の建設(横須賀、長崎)、造船所の建設(江戸石川島)を行った。この頃、'''勝海舟'''(幕府海軍創設)、'''江川英龍'''(伊豆韮山に反射炉建設)、'''高島秋帆'''(砲術の指南)らが登用された。この一連の改革を'''安政の改革'''という。

案内メニュー