「Windows API」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
CreateFileの機能は、その名とは違い、この機能はファイルを作成またはオープン(開く)する機能である。
(ファイルの入出力について)
(CreateFileの機能は、その名とは違い、この機能はファイルを作成またはオープン(開く)する機能である。)
 
=== ファイルのオープンとクローズ ===
<code> CreateFile() </code> の機能は、その名とは違い、この機能はファイルを作成または'''オープン'''(開く)する機能である。
 
すでに存在するファイルに読み書きをしたい場合にも、<code> CreateFile() </code> で作成されたを使って対象のファイルをオープドルは、自動的に開かれする必要がある。
 
 
<code> CreateFile() </code> は、引数での指定によって、ファイル作成やファイルオープンなどの動作を指定できる。
 
<code> CreateFile() </code>によって作成されたファイルハンドルは、自動的に開かれる。
 
なので、目的のファイル処理が終わったら、
21,970

回編集

案内メニュー