「高等学校日本史B/律令国家への道」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[画像:Fuhon-sen.JPG|thumb|180px|right|富本銭(複製品)。 天武天皇のころに作られた日本で最初の銅の貨幣。]]
[[File:Tomimotosen Tobishimaike end of 7th century copper and antimony.jpg|thumb|180px|right|富本銭(ふほんせん)。(複製品)]]
671年に天智天皇がなくな死去すると、天皇の皇672年に大王位をめぐり、皇族どうしの争いが起きます。って天智天皇の弟の<big>'''大海人皇子</big>'''(おおあまのおうじ)と、 近江朝廷を率いていた天智天皇の子の'''大友皇子'''(おおとものおうじ)、672年にい戦争になるった。これを <span style="color:red"><big>の'''壬申の乱</big></span>'''(じんしんの らん) という。は、大海人皇子が勝利し敗れた大友皇子は自害した。大海人皇子が <span style="color:red"><big>天武天皇</big></span>(てんむてんのう)として飛鳥浄御原宮(あすかのきよみはらのみや)に移り、天武天皇(てんむてんのう)として即位した。天武天皇は684年に天皇を中心とした新しい身分制度であ'''八色の姓'''(やくさのかばね)を制定し、豪族の身分を再編した
 
「倭国」に代わる「日本」という国号や、「大王」に代わる「天皇」という称号は、天武天皇時には、ころ使われてい始めだろう考えられてますう説が有力である
 
(※ 高校の範囲:註脚 )八色の姓には、真人(まひと)・朝臣(あそみ・あそん)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)・道師(みちのし)・臣(おみ)・連(むらじ)・稲置(いなぎ)の8つの姓がある。
(※ 高校の範囲: )天武天皇は、684年には、天皇を中心とした新しい身分制度である八色の姓(やくさのかばね)を制定し、豪族の身分を再編した。
 
(※ 高校の範囲: )689689年には'''飛鳥清御原令'''(あすかきよみはらりょう)を施行し(※ 飛鳥清御原令は史料が現存しておらず内容が不明)、翌年には戸籍である'''庚寅年籍'''(こういんねんじゃく)を作成した。
(※ 高校の範囲: )八色の姓には、真人(まひと)・朝臣(あそみ・あそん)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)・道師(みちのし)・臣(おみ)・連(むらじ)・稲置(いなぎ)の8つの姓がある。
 
== 藤原京 ==
藤原京の建設を始めたが、完成前に天武天皇は死去した。
天武天皇の死後、皇后が天皇として即位して、た('''持統天皇'''(じとうてんのう)になる))
天武天皇が'''藤原京'''の建設を始めたが、完成前に死去したため、完成は持統天皇は、の時代となる。694年に都を飛鳥から現在の奈良の<big>藤原京</big>(ふじわらきょう)に遷都させた。藤原京は、道路が碁盤(ごばん)の目のように、格子(こうし)状に区画されています。おり、この都の碁盤目のような区画は、唐の都'''長安'''を参考にしています
 
{{-}}
天武の死後、皇后が天皇として即位して、持統天皇(じとうてんのう)になる。
 
(※ 高校の範囲: )689年には飛鳥清御原令(あすかきよみはらりょう)を施行し(※ 飛鳥清御原令は史料が現存しておらず内容が不明)、翌年には戸籍である庚寅年籍(こういんねんじゃく)を作成した。
 
持統天皇は、694年に都を飛鳥から奈良の<big>藤原京</big>(ふじわらきょう)に遷都させた。藤原京は、道路が碁盤(ごばん)の目のように、格子(こうし)状に区画されています。この都の碁盤目のような区画は、唐の都を参考にしています。
 
{{-}}
== 白鳳文化 ==
[[File:Takamat1.jpg|thumb|高松塚古墳壁画(奈良県、明日香村)<br>唐や高句麗の壁画の影響を受けていると、よく指摘される。<br>なお、この壁画は1972年に発見された。]]
55

回編集

案内メニュー