「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎二項定理: パスカルの三角形
M (126.241.195.133 (トーク) による版 122065 を取り消し(そこに書かれる必要性が無い))
タグ: 取り消し
(→‎二項定理: パスカルの三角形)
これによって、大きい次数の多項式を展開する方法が分かったことになる。
 
[[File:Pascal's triangle 5.svg|thumb|パスカルの三角形の最初の6段]]
また、それぞれの2項係数は[[w:パスカルの三角形]](英:Pascal's triangle)と呼ばれる方法でも計算することができる。
次数の低いものをあげておくと、
23,379

回編集

案内メニュー