「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎二項定理: 数学IIの単元『式と証明』で扱うので削除。すでに『高等学校数学II/式と証明・高次方程式』に移動済み。)
==== 期待値 ====
ある試行があったとき、
その試行で得られると期待される値のことを期待値(きたいち、英:expected value)という。期待値の与え方は、ある結果<math>r_nr_k</math>に対して、<math>v_nv_k</math>だけの値が得られ、それぞれの結果が起こる確率が<math>p_np_k</math>で与えられているとき、
:<math>E = \Sigmasum_{k=1}^6 _nv_k v_n p_np_k</math>
によって与えられる。例えば、さいころをふったとき出る目の期待値は、
:<math>\frac 1 6 \times 1 +\frac 1 6 \times 2+\frac 1 6 \times 3+\frac 1 6 \times 4+\frac 1 6 \times 5+\frac 1 6 \times 6</math>
23,379

回編集

案内メニュー