「高等学校数学I/2次関数」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
{{コラム|グラフの平行移動|
2次関数にかぎらず、一般に関数 y=f(x) のグラフをy軸の正の方向に q だけ平行移動したグラフは、
:関数  '''y = f(x) +q'''
のグラフになる。
 
 
また、関数 y=f(x) のグラフをx軸の正の方向に p だけ平行移動したグラフは、
:関数  '''y = f(x-p)'''
のグラフになる。
 
 
よって、関数 y=f(x) のグラフをx軸の正の方向に p 、y軸の正の方向にq だけ平行移動したグラフは、
:関数  '''y = f(x-p) +p'''
のグラフになる。
 
{{コラム|グラフの対称移動|
2次関数にかぎらず、一般に関数 y=f(x) のグラフをx軸に関して対称に移動したグラフは、
:関数  '''y = -f(x)'''
のグラフになる。
 
 
また、関数 y=f(x) のグラフをy軸に関して対称に移動したグラフは、
:関数  '''y = f(-x)'''
のグラフになる。
 
 
よって、関数 y=f(x) のグラフを原点に関して対称に移動したグラフは、
:関数  '''y = - f(-x)'''
のグラフになる。
 
}}
 
 
 
==== 例題 ====
23,379

回編集

案内メニュー