「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(「一般に、有限集合 A の要素の個数を、n(A) で表すことにする。」は日本語として不自然な言い回しなので修正。「にする」には仮定のような用法もあるので。==== 発展: 3つ以上の集合の要素の個数 ====)
n(A∪B∪C) = n(A) + n(B) + n(C) −n(A∩B) −n(B∩C) −n(C∩A) + n(A∩B∩C)
 
;問題
右の図を参考に、上の公式を証明せよ。
 
 
23,379

回編集

案内メニュー