「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
中単元「集合の要素の個数」と「順列・組合せ」を大単元「場合の数」に分類。
(中単元「集合の要素の個数」と「順列・組合せ」を大単元「場合の数」に分類。)
== 場合の数と確率 ==
たとえば、おはじきを一列に並べる場合、並べ方の数には、いくつもの方法がある。じっさいに全ての並び方を試すことも、時間さえあれば実験可能である。
 
この章では場合の数と確率の計算法を紹介する。まず先に様々な事柄の場合の数の計算法を扱い、その結果を用いてある事柄が起こる確率を計算する方法を紹介する。
 
== 場合の数 ==
=== 集合の要素の個数 ===
==== 2つの集合の和集合の要素の個数 ====
となり、36通りであることが分かる。
 
=== 確率とその基本的な法則= ==
==== 確率の計算 ====
ある場合の数が、実際に現われる割合のことを確率(かくりつ、英:probability)と呼ぶ。
 
23,379

回編集

案内メニュー