「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎階乗: 検定教科書では、先に「階乗」の用語を教えてから、後から定義式を教えるのが、検定教科書での順序。また、階乗の内容が「1からnまでの自然数の積」であることを教える。
(→‎場合の数: 樹形図の単元を追加。)
(→‎階乗: 検定教科書では、先に「階乗」の用語を教えてから、後から定義式を教えるのが、検定教科書での順序。また、階乗の内容が「1からnまでの自然数の積」であることを教える。)
n (n-1) (n-2) \cdots 3 \cdot 2 \cdot 1
</math>
となることが分り、1からnまでの自然数の積になる。
n!をn数を '''階乗''' (かいじょう、factorial)と呼び、階乗の記号は <math> n! </math> で表す
ここで、
 
すなわち、階乗は
<math>
n! = n (n-1) (n-2) \cdots 3 \cdot 2 \cdot 1
</math>
定義されの階乗の記号を使えば、この問題のときの場合の数は n!であると言うことが出来る。
 
n!をnの '''階乗''' (かいじょう、factorial)と呼ぶ。
 
 
:<math>24 + 18=42</math>
となる。
 
 
==== 順列 ====
23,379

回編集

案内メニュー