「Transwiki:Bash Shell Scripting」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
M
<tt>export</tt>コマンドは環境変数から変数を取り除くことにも使用します。その際には、 <tt>-n</tt>オプションを使います。例えば、<source lang="bash" enclose="none">export -n foo</source>コマンドで<source lang="bash" enclose="none">export foo</source>の影響を取り消します。またひとつのコマンドで複数の変数をエクスポートまたはその取り消しができます。<source lang="bash" enclose="none">export foo bar</source> または <source lang="bash" enclose="none">export -n foo bar</source>でできます。
 
環境変数はコマンドに ''渡される'' だけであることに注意しましょう。環境変数はコマンドから''返され''ません。この点で、環境変数は通常のBash変数とサブシェルに似ています。
It's important to note that environment variables are only ever passed ''into'' a command; they are never received ''back'' from a command. In this respect, they are similar to regular Bash variables and subshells. So, for example, this command:
 
112

回編集

案内メニュー