「和声学/4声体の配置/4声体」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
ページの作成:「和声法の実地においては、通常、混声4部合唱の形が使用される。 つまり、一つの和音は四つの声部(ソプラノ・アルト・テノ…」
(ページの作成:「和声法の実地においては、通常、混声4部合唱の形が使用される。 つまり、一つの和音は四つの声部(ソプラノ・アルト・テノ…」)
(相違点なし)
匿名利用者

案内メニュー