「Windows API/図形の描画」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
xxd -r test > testout
と入力して実行すると、なんと『testout』というファイル名で、画像ファイルが新規作成されている。
 
 
=== バイナリとテキストの変換 ===
画像ファイルに限った事ではないが、バイナリ文字列とテキスト文字列を変換する関数として、windowsAPI
CryptBinaryToString
CryptStringToBinary
という2つの関数を用意している。
 
使うには、
#include <wincrypt.h>
#pragma comment(lib, "Crypt32.lib")
が必要である。
 
だが、これを使わなくても、C言語で直接に書いてしまう方法もある。C言語で書き込みの際、書き込みモードに「wb」のようにbをつけるだけで機械語を書き込みできるので、ソレを使って、プログラムを自力で書く方法もある。
 
なお、文字列「1」はアスキーコードでは16進数「31」なので、一対一対応しないので、C言語で書く場合には注意しよう。
22,778

回編集

案内メニュー