「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
この章では場合の数と確率の計算法を紹介する。まず先に様々な事柄の場合の数の計算法を扱い、その結果を用いてある事柄が起こる確率を計算する方法を紹介する。
 
== 集合の要素の個数と場合の数 ==
=== 集合の要素の個数 ===
==== 2つの集合の和集合の要素の個数 ====
:※ この単元では、単元『[[高等学校数学A/集合と論理]]』で習う集合の記号を使う。分からなければ、そちらのページも参照せよ。
なので、100以下の自然数のうちの2の倍数または3の倍数または5の倍数であるものの個数は 74個である。
 
=== 場合の数 ===
==== 樹形図 ====
[[File:Tree diagram sum 5 by three numbers.svg|thumb|]]
1,335

回編集

案内メニュー