「PHP/条件分岐」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎スカラ値つきのenum: 修正。nameプロパティは要素名へのアクセスだった
(→‎スカラ値つきのenum: 修正。nameプロパティは要素名へのアクセスだった)
enum に整数型(int)または文字列型(string)の値をつけることが可能です。
 
enumの要素に関連づけられた数値にアクセスする場合、下記コードのように <code>->value</code> が必要です。なお、これは整数型でも文字列を関連付けた場合は型でも、ともに <code>->namevalue</code>になります。
 
なお、enum要素名(下記コード例でなら"buki"や"tate"の部分のこと)にアクセスする場合には <code>->name</code>になります。
valueというプロパティは、enumをintに関連づけて宣言しおえた段階までに自動で生成されます。よって、プログラマー側でvalueプロパティを宣言する必要はありません。nameプロパティも同様です。
 
valueというプロパティは、enumをintまたはstringに関連づけて宣言しおえた段階までに自動で生成されます。よって、プログラマー側でvalueプロパティを宣言する必要はありません。nameプロパティも同様です。
 
また、<code>value</code>以外のデタラメな文字列(たとえば「vabqe」)とかのプロパティを書いてもエラーになります。
23,379

回編集

案内メニュー