「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
M
 
 
*{{演習問題|
次の値を計算せよ
 
**問題
 
(I)
:<math>{} _5\operatorname{C} _2</math>
:<math>{} _8\operatorname{C} _0</math>
 
|
を計算せよ。
 
**解答
それぞれについて
:<math>{}_n\operatorname{C} _r =\frac { {}_n\operatorname{P} _r }{r!} = \frac{n!}{(n-r)!r!}</math>
:<math>0! = 1</math>
を0の階乗の定義として受けいれるのである。
}}
 
 
** 問題
:<math>{} _4 \operatorname{C} _2 \times {} _4 \operatorname{C} _2 = 6 \times 6 = 36 </math>
となり、36通りであることが分かる。
 
 
==== 重複組み合わせ ====
1,336

回編集

案内メニュー