「C Sharp」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
M
(→‎※編集中: C#7~8 から「switch 式」というのが追加された。下記のような処理ができる。)
 
=== 条件分岐 ===
==== 単なるswitch文 ====
まず、switch文やenumはC#では下記のように使う。.net core 6 で下記コードが動くので、C#10 に対応しているはず。
 
</syntaxhighlight>
 
==== switch式 ====
 
C#7~8 から「switch 式」というのが追加された。下記のような処理ができる。
 
string message = weekval switch { // switch式用のインスタンス的なものを作成しないといけない
 
week.Saturday => "土曜日" ,
 
week.Sunday => "日曜日" ,
 
_ => "平日" , // default に相当
 
};
 
よって、上記コードのように、switch式の結果(右側)では、命令ではなく値だけを指定して事前に用意された変数に代入することになる。別途、その結果を代入した変数をつかって目的の処理をする命令が必要である。
 
 
=== record型 ===
23,090

回編集

案内メニュー