「C Sharp」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
1,092 バイト追加 、 2 か月前
→‎クラス: コンストラクタっぽいのの説明
(→‎クラス: コンストラクタっぽいのの説明)
 
== クラス ==
=== 基本 ===
クラスの基本的な使いかたは下記のとおり。
 
 
メンバは public にアクセス修飾子を指定しないかぎり、基本的には直接はアクセスできない。
 
=== コンストラクタ ===
下記コードのように、構造体またはクラス中に、構造体名あるいはクラス名と同じメソッド名をもつメソッドを書くと、その構造体/クラスを呼び出したときの処理を指定できる。
 
コード例<syntaxhighlight lang="csharp">
using System;
 
struct teststr {
public string name;
public int price;
public teststr(string a, int b){
name = a;
price = b;
}
}
 
public class sample {
public static void Main(string[] args) {
 
teststr milk = new teststr("牛乳", 150);
Console.WriteLine(milk.name);
Console.WriteLine(milk.price);
Console.WriteLine();
teststr cmilk = new teststr("コーヒー牛乳", 180);
Console.WriteLine(cmilk.name);
Console.WriteLine(cmilk.price);
Console.WriteLine();
Console.WriteLine(milk.name);
Console.WriteLine(milk.price);
Console.WriteLine();
}
}
</syntaxhighlight>
; 実行結果 :<syntaxhighlight lang="text">
牛乳
150
 
コーヒー牛乳
180
 
牛乳
150
 
</syntaxhighlight>
 
== クラスと構造体の違い ==
23,166

回編集

案内メニュー