「C Sharp」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎※編集中: C# では、変数の型は、宣言後は(型を)変更できません。他のプログラミング言語だと、宣言時に数値を代入した変数にあとで文字列を代入できしまうのもあるが、C#ではそういうのは不可能です。
(→‎メソッド: static 変数にアクセスする場合、インスタンスの作成は不要です。)
(→‎※編集中: C# では、変数の型は、宣言後は(型を)変更できません。他のプログラミング言語だと、宣言時に数値を代入した変数にあとで文字列を代入できしまうのもあるが、C#ではそういうのは不可能です。)
C++になくてC#にある機能は多々ありますが、特にC++との違いが大きい話題を挙げたいと思います。
 
=== var変数の宣言 ===
==== var ====
変数の宣言の際、intやcharなどの具体的な型を指定しなくても、宣言時の代入で具体的な数値または文字列の代入といっしょにvar とだけ指定すれば、代入されるデータから型を自動的に判断してくれます。
 
 
 
var は型を右辺から推論してくれますが、しかし、いちどある変数の型が指定されたら、C#では、その変数の型は変更できません。
なお、varを使わずとも、下記のようにC言語と同様の従来の記法で変数宣言することもできます。
 
 
==== 型を指定した宣言 ====
なお、varを使わずとも、下記のようにC言語と同様の従来の記法で変数宣言することもできます。
 
:<syntaxhighlight lang="csharp">
また、この例から分かるように int は System.Int32 と同じです。
 
C# では、変数の型は、宣言後は(型を)変更できません。他のプログラミング言語だと、宣言時に数値を代入した変数にあとで文字列を代入できしまうのもあるが、C#ではそういうのは不可能です。
 
C# で宣言されている変数は、原則、どこかのクラスに所属していなければならない。C++のような感覚でもしコード冒頭のどこの class宣言もない部分で変数宣言するとエラーになりコンパイルできない。
23,094

回編集

案内メニュー