「C Sharp」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎メソッド: 上記の説明では不要だってので説明省略しましたが、C#のメソッドは戻り値(返却値、返り値)をひとつ持てます。C++などと同様です。
(→‎メソッドとクラス: また、相手先のメソッドの位置さえ分かるように呼び出せば、そのメソッドがpublicならアクセスできます。呼び出し元がどこのクラスにいるかは、呼び出し方法の指定には基本、関係ありません。)
(→‎メソッド: 上記の説明では不要だってので説明省略しましたが、C#のメソッドは戻り値(返却値、返り値)をひとつ持てます。C++などと同様です。)
後述のクラスでも同様、相手先の変数がどのクラスにいるかさえ分かるように指定すれば、事前に適切な処理がされていれば、その変数にアクセスできます。
 
 
上記の説明では不要だってので説明省略しましたが、C#のメソッドは戻り値(返却値、返り値)をひとつ持てます。C++などと同様です。
戻り値の型 メソッド名 (引数1の型 引数名1, 引数2の型 引数名2 ) {
のような書式です。void は、「戻り値は無し」を意味します。
 
引数が特に無い場合、下記のように、引数名とその型を省略できます。
void testfunc (){
 
=== クラス ===
23,090

回編集

案内メニュー