「C Sharp」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
M
→‎if文: 見出しレベルの修正
M (→‎if文: 見出しレベルの修正)
 
=== 条件分岐 ===
==== if文 ====
if文(「イフぶん」と読む)をもちいた処理により、直後の条件を満たした場合にだけブロック内の処理を実行させることができます。ここでいう「ブロック」とは、if文の直後の<code>{</code>から次の<code>}</code>までにある、ひとかたまり(英語でブロック)の処理のことです。
 
23,090

回編集

案内メニュー