「C Sharp」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎record型: 現状、record型の配列はサポートが無い状態である。)
タグ: 2017年版ソースエディター
C++になくてC#にある機能は多々ありますが、特にC++との違いが大きい話題を挙げたいと思います。
 
{{コラム|C# の標準規格|2=
なお、C# は、Visual C# とは別言語です。ネット上には、Visual C# でしか通用しない話題を「C#」の名前で説明しているものもありますが、不正確な説明です。
プログラミング言語C#は、2000年にMicrosoft社のAnders Hejlsberg氏によって設計され、その後2002年にEcma(ECMA-334)、2003年にISO/IEC(ISO/IEC 23270)によって国際標準として承認されまし。
 
2022年6月時点のC#標準
ここでいう Visual c# とは、マイクロソフト社がWindowsアプリをC#風の言語で開発できるようにしたマイクロソフト独自言語のことです。もしかしたらマイクロソフト自身、Visual C# の意味で「C#」と説明しているかもしれませんが、単なるC#自身の国際規格には、特にwindowsアプリに特化した仕様・規程などは無いと思われます。
* ECMA-334:2022(VC#6.0相当)
* ISO/IEC 23270:2018(VC#5.0相当)
* JIS X 3015:2008『プログラム言語C#』(VC#2.0相当)
 
C#には以下のような独立した実装があります。
C# は現在では国際規格化されており、マイクロソフトの仕様とは独自に国際規格が存在しています。
;Roslyn:Microsoftが開発したApacheライセンスのオープンソースプロジェクト。GitHubで公開されている。Visual Studio 2015 以降のVC#。
;クローズドなVC#:Visual Studio 2013 まで。
;シェアードソース共通言語基盤のC#コンパイラ:共通言語基盤 (CLI) とともにがソースコードが公開されたC#コンパイラ。
;Mono Compiler Suite(mcs):Mono Projectが開発したMonoの一部を構成する。
;the C-Sharp code compiler (cscc):DotGNU Projectが開発したPortable.NETの一部を構成する。
 
Microsoft以外の実装は、ECMA-334に基づいています。
ECMA-334の2022年6月時点での最新は VC#6.0 相当のECMA-334:2022なので、MicrosoftのVC#の比較的新しいバージョンでコンパイル出来るソースコードが、MonoなどMicrosoft以外の実装でコンパイル出来ない場合があります。
}}
 
=== 文字表示 ===
3,412

回編集

案内メニュー