「BASIC」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎古いBASICの入手方法: 文体の統一;中学校・高等学校の情報科や技術・家庭科で取り扱われる3言語は、JavaScript、PythonそれにVisual Basic for Applications(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ、VBA)ですが、VBAは古いBASICの範疇ではありません。
(s/Category:コンピュータ言語/Category:プログラミング言語/))
タグ: 2017年版ソースエディター
(→‎古いBASICの入手方法: 文体の統一;中学校・高等学校の情報科や技術・家庭科で取り扱われる3言語は、JavaScript、PythonそれにVisual Basic for Applications(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ、VBA)ですが、VBAは古いBASICの範疇ではありません。)
タグ: 2017年版ソースエディター
 
=== 古いBASICの入手方法 ===
BASICの実行環境ソフトは、Vector(ベクター; https://www.vector.co.jp/ )などインターネット上のフリー ソフトウェア配布サイト(「vector」などのサイトがある)などでBASICの実行環境ソフトが、有から無償または無料有償公開されていますので、そこからダウンロードするなどの方法ことありできます。
 
日本で主流だったN-BASICやF-BASICを製造していた会社は、BASIC言語の開発・販売を終了しています。これは、
なお、かつて国内で主流であったN-BASICやF-BASICを出していた会社は、現在はBASIC言語の開発や販売をしていません。それらの会社は90年代〜2005年ごろまではBASIC言語を生産販売していましたが、そのころにはワープロソフト、表計算ソフト、ハガキ印刷ソフトなど目的別に高機能なソフトが販売されていて、一般的な消費者はわざわざプログラミング言語を修得する必要がなくなってしまったからです。また、業務としてプロブラムを作成する人たちは応用力の高い他の言語を使用するため、BASICは趣味の領域か学校の情報授業で利用されるにとどまるからです。
* ワープロソフト、表計算ソフト、はがき印刷ソフトなど、用途別のアプリケーションソフトが販売され、一般消費者がわざわざプログラミング言語を習得する必要がなくなった。
* ビジネスでプロブラムを作る人は、より生産性の高い言語を使うようになった。
* 主流となる環境が、ROM BASIC/Disk BASIC/MS-DOSから Windows/Macintosh やOS/2に移行し、BASICの以前の実行環境がなくなった。
などの理由が考えられます。このため、現在(令和4年7月)では、BASICは專ら趣味で使われる程度になってしまいました<ref>中学校・高等学校の情報科や技術・家庭科で取り扱われる3言語は、[[JavaScript]]、[[Python]]それに[[Visual Basic for Applications]](ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ、VBA)ですが、VBAは古いBASICの範疇ではありません。</ref>。
 
その代わり、他の企業や個人がそれら古いBASICの実行環境を再現したアプリケーションを、フリー ソフトウェア配布サイトなどで公開している、といった状況です。
 
Microsoft Quick BASIC(MS-DOS時代)互換のオープン ソース ソフトウェアなどがあり、それを利用することもできます。
 
Microsoft Quick BASIC(MS-DOS時代) 互換系の open source 等が存在していて、それらを使うという手もあります。
* FreeBASIC
* QB64
* その他
特にQB64はエミュレーション機能を備えておがあ旧来的、昔がらの方法によるで多少のプログラミングが一部可能となっています。
 
== 古いBASICでのプログラムの入力 ==
4,549

回編集

案内メニュー