「利用者:こいつぅ~jawikibooks/en:Deletion Policy私訳」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
M (冒頭のバックリンクを生きたものにする()
編集の要約なし
[[Wikibooks:管理者]]はWikibooksのデータベースからページを削除することができます。削除に関して管理者は必ず最大限の熟慮に基づく決定を下すことが求められます。
 
管理者による削除は現在の内容を白紙化<!--の方がwikipediansにはわかりやすいかと-->(つまり他の一般利用者によって復帰可能な状態)するだけでなく履歴全体を消去するものです. <!--この辺あまり関係なかったので後回し-->Deleted pages can be restored by administrators, but if deletions are made too casually, it is easy to lose track. Hence, the decision to remove a page from the database is not to be taken lightly.削除されたページは管理者によって復活させることができます。しかし、削除があまり簡単に行われると道筋を失います。それゆえ、データベースからページを取り除くという決定は軽々しく行われるべきではありません。
 
== 削除の手続き ==
 
モジュールや画像の削除には、実際に削除が行われるまで一週間以上[[Wikibooks:削除依頼]]で掲示される必要があります。
これは他の参加者が削除の是非についての議論に参加する機会を確保するための期間です。このルールにはいくつかの例外があります。
* 教材となりえないことが明らかなページ(pages that simply will never become instructional resource modules)は削除すべきです。たとえば、modules that represent completely idiosyncratic non-topics, etc.
 
== 管理者のためのガイドライン ==
== Guidelines for admins ==
 
Here are some guidelines that those tasked with removing pages from the database can generally be expected to follow in making the decision to delete or not:
匿名利用者

案内メニュー