「不動産登記法第74条」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
解説はWikipediaへ
(新しいページ: '法学民事法不動産登記法コンメンタール不動産登記法不動産登記法第74条 ==条文== (所有権の保存の登記)...')
 
(解説はWikipediaへ)
[[法学]]>[[民事法]]>[[不動産登記法]]>[[コンメンタール不動産登記法]]>[[不動産登記法第74条]]
 
==条文==
第74条
# 所有権の保存の登記は、次に掲げる者以外の者は、申請することができない。
#:一  表題部所有者又はその相続人その他の[[w:一般承継|一般承継]]
#:二  所有権を有することが[[w:確定判決|確定判決]]によって確認された者
#:三  収用([http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%93%79%92%6e%8e%fb%97%70&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S26HO219&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 土地収用法 (昭和26年法律第119号)]その他の法律の規定による収用をいう。[[不動産登記法第118条|第118条第1項]]及び第3項から第5項までにおいて同じ。)によって[[w:所有権|所有権]]を取得した者
# 区分建物にあっては、表題部所有者から所有権を取得した者も、前項の登記を申請することができる。この場合において、当該建物が敷地権付き区分建物であるときは、当該敷地権の登記名義人の承諾を得なければならない。
 
==解説==
[[w:所有権保存登記#所有権保存登記|w:所有権保存登記]]を参照。
 
==参照条文==
 
{{stub}}
[[category:不動産登記法|74074]]
249

回編集

案内メニュー